Facebookが求人情報機能を米国とカナダでリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

Facebookがまた新しい機能をリリースした。企業が求人情報を掲載できる「Jobs」ページだ。ユーザーはFacebook上で求人を見つけて、直接応募したり、採用担当者と連絡を取ることができる。

Facebookをチェックしていたら「いいね」をしている企業の求人情報が流れてきて、Messengerでやりとりして応募する、といったことが可能になる。

日本ではFacebookをビジネスに利用するユーザーも多いが、英語圏全般が同じ傾向にあるわけではない。LinkedInなど先行するビジネスSNSも多い中、Facebookの新しい機能がどう受け入れられるのかは気になるところ。

北米とカナダ以外の展開は未定のようだが、アジア圏に進出してくるとしたら、WantedlyなどFacebookと連携してサービス提供してきたプレイヤーにとって、脅威となる可能性が高い。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する