災害発生時に家族のお互いの居場所が共有される防災用スマホアプリ「ココダヨ」

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社ゼネテックは、災害対策用位置情報自動通知サービス「ココダヨ」のAndroid版アプリの提供を開始した。同社は、昨年12月24日にiOS版をリリースしている。

『ココダヨ』は、iモードの生みの親であり、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授の夏野剛氏が監修した、ゼネテックの特許技術をベースに開発した世界初となる防災用位置情報自動通知サービス。

「ココダヨ」を利用しているとユーザーの居場所が「ココダヨ」のサーバに預かられ、災害が発生した際に、家族のお互いの居場所が詳細(街区・番地)で自動的に共有される。そのため、災害発生後の電話が通じにくい状況になっても、互いの場所がわかるようになる。

災害時安否・メッセージ一斉送信機能に加えて、「ココダヨ」にはグループ参加機能、グループチャット機能、災害情報表示機能、避難所情報などが搭載されている。ゼネテックは、来月には法人向け『ココダヨ』Bizのリリースも予定しているという。

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する