ナビタイムとau、満員電車を回避可能なルートを提案する機能を提供

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

KDDI株式会社と、株式会社ナビタイムジャパンは2017年3月16日(木)より、ナビゲーションアプリ「auナビウォーク」「NAVITIME」にて「電車混雑回避ルート」の提供を開始した

「電車混雑回避ルート」では、「乗換案内」や「トータルナビ」で首都圏のルート検索をすると、通常の検索結果に加えて、表示されている検索結果よりも空いているルートがある場合に、「混雑を避けたルート」が表示される。

「電車混雑回避ルート」の対象時間は、平日の終日で上り方面、下り方面ともに対応。曜日単位の混雑傾向も考慮するという。終日対応しているため、朝の通勤ラッシュ時間帯だけでなく、帰宅時間帯のルート検索時でも利用できる。

ナビタイムジャパンは、ユーザーの快適な移動をサポートする取り組みとして、1駅ごとの混雑状況の地道な調査を行い、首都圏の約2,500万人が乗る電車を経路探索エンジンにより予測する技術「電車混雑シミュレーション」を独自開発している。

「電車混雑シミュレーション」技術

2016年4月19日より、「auナビウォーク」「NAVITIME」「乗換NAVITIME」にて、本技術をもとに生成した予測データを加工し、アプリ内にて「電車混雑予測」として提供。今回、回避可能なルートを提案する機能を提供するに至った。

今後は、さらに予測精度の向上や対象路線の拡大に努め、日本の電車の混雑緩和にも貢献していく方針だ。

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する