ビーコンとチャットボットで目や耳の不自由な人をサポートする「&HAND」がLINE BOT AWARDSでグランプリを受賞

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

LINE Beaconとチャットボットで目や耳の不自由な人をサポートする「&HAND(アンドハンド)」が、LINEのchatbot開発促進およびユーザーへの普及を目的に開催されたアワード「LINE BOT AWARDS」でグランプリを受賞した。

「&HAND」は、で耳が不自由な方、目が不自由な方、ヘルプマーク利用者など、身体的・精神的な不安や困難を抱えている人と、手助けをしたいと思っている人をマッチングし、chatbotで具体的な行動をサポートする。

「&HAND」のサイトより

マッチングに用いられるのは、LINE Beacon。助けを求めるユーザーがビーコンを内蔵した専用デバイスを携帯し、電源をONにするか、近づくことで、周囲の支援者に通知やメッセージが届く。

メッセージが届いた後は、Botを介したコミュニケーションを行い、必要なサポートを受けることができる。Botを介してコミュニケーションするため、互いの個人情報は開示されず、プライバシーは護られるそうだ。

「&HAND(アンドハンド)」のアイデアを発表したのは、TEAMmined。同チームは、Googleが主催したIoTデバイスコンテスト「Android Experiments OBJECT」「android experiments OBJECT」において、「GoogleKaleidoscope」と「スマート・マタニティマーク」の2作品がグランプリ受賞を果たしている。

TEAMminedは、「LINE BOT AWARDS」でグランプリを受賞したことで優勝賞金1,000万円を手にする。「&HAND」は、今後、東京オリンピックでの外国人旅行者など、さまざまなサポートを必要とする方向けに対象を広げたり、駅員の方が目が不自由な方と Bot を介してコミュニケーションができるように、ハード面の整備も働きかけていく方針だという。

share: Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する