デット専門の社会的インパクト投資ファンド「Beneficial Returns」が設立

エクイティ投資ではなく、デットによる融資での社会的インパクト投資に特化したファンドが誕生しました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

資金調達は大きくエクイティとデットの2つに分かれる。社会的インパクト投資というと、スタートアップに投資するベンチャー・キャピタルのようにソーシャル・ベンチャーに対するエクイティでの投資を行い、キャピタルゲインを得るというイメージがある。

実際、インパクト投資を行っている人々の大部分は財団や個人篤志家であり、資金の提供もデットが中心だという。このインパクト投資の実態に合わせた、デット専門のインパクト投資ファンド「Beneficial Returns」が新たに設立された。

ターゲットとしている領域は、持続可能な農業、再生可能エネルギー、貧困削減、廃棄物削減・再利用の4つ。融資の金額規模は、7万5000ドル〜50万ドル。

デットであれば非営利法人でも資金の利用が可能であり、エクイティのように経営に投資家から口を出される心配も少ない。デット専門のインパクト投資ファンドが今後どういった出資を行い、どんな影響をもたらすのか、チェックしていきたい。

via ソーシャルファイナンス研究会

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する