憲法を考える基礎を学ぶイベントシリーズ「憲法のきほん」が3月27日から開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

憲法について考え、議論する基礎を学ぶためのイベント「憲法のきほん」が3月から開催される。主催はデザイナーの保田卓也さんと三上悠里さんの2人。

憲法について日々ニュースで取り上げられることは増えたものの、憲法について詳しい人は身近にはいない。「憲法のきほん」は、憲法学の教授等をゲストに招き、憲法とはそもそもどういったものなのかを考えていく場だ。

第1回は3月に開催され、9月まで開催が予定されている。開催が予定されている内容は以下の通り。

  • 憲法とは何か?
  • 主権者は何をするのか?
  • 自由と公共の関係とは?
  • 福祉は何のためにあるのか?
  • 戦争の放棄の意味とは?
  • 国と地方のよい関係とは?
  • 前文の意味とは?

イベントの開催場所は秋葉原近くのアーツ千代田3331。参加の申し込みはPeatixか、Facebookから。

自分たちの未来に関わることであるにも関わらず、日常的に考えることのなかった事象が話題になることが増えてきているように感じられる。

今のような状況に必要なのは、「憲法のきほん」のように基本的なことから学び、考えるための場なのかもしれない。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する