森山未來らが踊りと技術で表現した日本的「テクノロジーと人の関係」−−ドイツのITエキスポ「CeBIT」のオープニングにて

森山未來とダンスカンパニーELEVENPLAYのNON, 篠原沙弥, 脇坂江梨沙, 安川香が舞台に出演し、MIKIKO、菅野薫、真鍋大度、石橋素が演出を行った「CeBIT 2017 Opening Ceremony Japan Show Act」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

3月20日からドイツ・ハノーバーで世界最大級のテクノロジーエキスポ「CeBIT」が開催されている。2017年、日本は初めてCeBITのパートナーカントリーに選ばれ、大規模なジャパン・パビリオンを展開。開催に先立つ3月19日夜(現地時間)のオープニングセレモニーにて、日本のテクノロジーに対する考え方を伝えるショーアクトが行われた

「CeBIT 2017 Opening Ceremony Japan Show Act」のために、MIKIKO、菅野薫、真鍋大度と石橋素率いるRhizomatiks Researchのメンバーを中心に、国内外の若い才能が結集。「テクノロジーと人の関係」をテーマにクリエーションを行った。

コンテンポラリーダンサーとしても知られる森山未來とダンスカンパニーELEVENPLAYのNON, 篠原沙弥, 脇坂江梨沙, 安川香が舞台に出演。流れる音楽は、小山田圭吾、カールステン・ニコライ、evala、SEIHOと国際的に活躍するアーティストたちによって作成された。

今回のショーアクトの実現に向けて、セイコーエプソン(プロジェクター)、ファナック(ロボットアーム)、コニカミノルタ(フレキシブル有機EL)、NTTドコモ(生体データ通信テクノロジー)など日本企業による技術協力が行われている。

CeBITの開催に合わせ、日本とドイツはIoT技術や人工知能(AI)などの先端技術において、日独で国際標準規格の策定や研究開発することを柱とした「ハノーバー宣言」を採択している。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する