コンビニに宅配ロッカー「はこぽす」が設置、ファミリーマートと日本郵便が連携

ファミリーマートと日本郵便が連携して、一部のファミリーマート店舗に宅配ロッカー「はこぽす」が設置。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本郵便株式会社と株式会社ファミリーマートが連携して、2017年3月23日(木)からファミリーマート店舗の屋内、屋外に宅配ロッカー「はこぽす」を設置する

まず宅配ロッカーが設置されるのは、ファミリーマート大鳥神社前店の屋内と、ファミリーマート二葉三丁目店の屋外の二箇所。対応エリアであれば、「はこぽす」に対応した通販・EC事業者発送のゆうパックの受取りや不在のため自宅で受け取れなかったゆうパックの受取りが可能だ。

直接「はこぽす」で受け取る場合は、「はこぽす」のサイトから受け取り場所を指定して、パスワードをeメール等で受け取る。指定した「はこぽす」でパスワードを入力し、荷物を受け取る。

再配達時の受け取りで「はこぽす」を指定する場合は、インターネット以外で申し込みもできる。不在票に掲載されている電話番号等にて、受け取りたい場所の「はこぽす」を指定する。インターネットで再配達を申し込む場合は、事前にMyPostおよびゆうびんポータルへの事前登録が必要となる。

「はこぽす」に対応しているECサイト等で「はこぽす」による差出しが可能となっている商品については、「はこぽす」を利用した差し出しも可能となっている。

運送業界におけるドライバーの労働問題は大きな課題となっている。宅配ロッカー以外にも、職場受け取り奨励等が行われ始めており、今後も様々な取り組みが実施されることになりそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する