車椅子マラソンの速度を疑似体験できるVRロードレーサー「CYBER WHEEL」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017年3月、赤坂サカスにて最先端のパラスポーツVRエンターテインメント体験が可能なコーナーが出現した。イベントを主催していたのは、パラスポーツを通じてみんなが個性を発揮できる未来を目指すTOKYO発のチーム「TEAM BEYOND」。

2020年のパラリンピック開催に合わせて、パラスポーツを普及しようという動きがあるが、パラスポーツはインストラクターも足りていないため、一般の人が体験する場がなく、興味を持ちづらい状態だ。

こうした課題を解消し、パラスポーツをエンターテイメントというかたちで伝え、体験会などを日本中で容易に実施したいという思いから、株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングスによって車椅子型VRロードレーサー「Cyber Wheel」が開発された。

赤坂サカスの展示には、車椅子型VRロードレーサー「Cyber Wheel」の体験コーナーも設置。実際の車椅子マラソンにおいて最高速度は60kmを越え、平均でも35kmという速度を体験する人々が列を作っていた。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する