ほっと温まる時間を職場に。スープストックトーキョーがスープのある一日を提供する「オフィススープ」を開始

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社スープストックトーキョーは、2017年4月3日(月)から昼夜問わず忙しく働くオフィスワーカーに「スープのある一日」を届けるサービスを開始した

オフィスに「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」のサテライトブースを設置し、冷凍スープを販売。電子レンジで温めるだけで、いつでも温かいスープが食べられる。

第一弾として、新宿ミライナタワービルのLINE株式会社の新オフィスのカフェテリアにおいて、サテライトブースがオープンしている。

スープストックトーキョーは、スープを通じてオフィスワーカーの体温をあげるサポートを行い、働くスタッフに対する考え方、働き方の在り方などに共感できる企業や団体とともに、この取り組みを拡大していくことを目指すという。

仕事で忙しいときでも、スープが一杯食べられたら、一息つけそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する