ヤマト運輸とDeNAによる自動運転配達「ロボネコヤマト」の実証実験が藤沢市でスタート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
AD ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、自動運転で荷物を届けることを見据えた「ロボネコヤマト」の実証実験を4月17日から国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部エリアで開始することを発表した。

対象となるエリアは、藤沢市の鵠沼海岸1~7丁目、辻堂東海岸1~4丁目、本鵠沼1~5丁目で、約3万人(1万2000世帯)がサービスを利用可能だ。実施期間は4月17日から2018年3月31日まで。

実証実験は原則としてはドライバーによる有人運転を実施。ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、ユーザー自身が荷物を車両から取出す。

「ロボネコヤマト」で提供されるサービスは、大きく分けて2つ。宅急便の荷物を「欲しいとき」に、「欲しい場所」で受取れる「ロボネコデリバリー」と、地域商店の商品をまとめて購入、「欲しいとき」に、「欲しい場所」で受取れる「ロボネコストア」だ。

配送に使用される自動車は、黄色と黒色を使った認識しやすいカラーリングとなっている。

扉を開くと、集合住宅等で設置されている宅配ボックスに似た設備が入っている。ここに荷物を入れて受取人を指定すると、配送が開始される。

受取人は車が到着したら、QRコードか暗証番号で保管Boxのロックを解除し、荷物を受取る。

「ロボネコヤマト」は昨年から話題にされることが増えていた、配達におけるドライバー不足や再配達問題の解消を目指す。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する