UDSがオフィスを原宿に移転し、まちに開かれた「リラックス食堂HARAJUKU」をオープン

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ホテルや、レストラン・カフェ、商業施設、公共施設などまちづくりにつながる事業企画、建築設計、店舗運営を手がけるUDSは、4月20日に東京・原宿の自社オフィス1階に、まちに開かれた社員食堂「リラックス食堂HARAJUKU」をオープンする

UDSではこれまでにも仙台・滋賀・大阪・広島4拠点で学生食堂「リラックス食堂」を運営してきた。「リラックス食堂HARAJUKU」は「リラックス食堂」の新たな展開となる、自社社員に加えて、地域にも開いた食堂だ。

「リラックス食堂HARAJUKU」は、先進国の人々が開発途上国の子どもたちと食事を分かち合うことをコンセプトにしたプログラム「TABLE FOR TWO」に参画。ランチ1食につき20円が、開発途上国の子どもの学校給食のために寄付される仕組みを取り入れる。

あらゆる建物の「1階」は”グラウンドレベル”としてまちづくり的にも注目されている空間だ。そこに地域に開かれた社員食堂が生まれることは街の風景に少なからず影響を与えるのではないだろうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する