従業員が互いの貢献に対して評価し、成果給を支払うピア・ボーナスを実現する「Unipos(ユニポス)」が先行登録受付中

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

アドテクノロジーのスタートアップであるFringe81が、新たに従業員が互いにボーナスを贈り合うピア・ボーナスを実現するサービス「Unipos(ユニポス)」を発表した。

ボーナスは通常数ヶ月前の貢献をベースに評価され、会社から支払われる。スタートアップのように急成長する組織では、数ヶ月で大きく変化する。

Fringe81は、数カ月前の貢献をベースにボーナスを支払う仕組みが組織にフィットしているのかどうかが疑問だったという。

「従業員同士がリアルタイムにフィードバックとインセンティブを送り合い、従業員全員がそれを見て、互いの貢献を認め合い、称え合えたら。組織は自ずと強くなるのではないか」

こう考えたFringe81が考えだしたアイデアが「ピア・ボーナス」だった。ピア・ボーナスとは、成果給を支払う権利の一部を各々が持ち、互いの貢献に対して、賞賛の言葉とともに成果給を送り合うこと。

「Unipos(ユニポス)」は、ピア・ボーナスという新しい成果給の仕組みを実現するためのサービスだ。リリースは、2017年6月を予定しているという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する