民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」、巡回監視サービスの実証実験を開始

セコムは、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した新たなセキュリティサービスの提供に向けた実証実験を開始する。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

セコム株式会社が、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を実施する。実証実験が行われるのは、山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」。

実証実験を行う「美祢社会復帰促進センター」は、日本初のPFI刑務所として官民協働で運営されている。セコムは2007年の設立から代表企業として参画し、セキュリティシステムの提供、安全管理などを担ってきた。

「セコムドローン」は、2015年12月に提供が開始された。契約先の敷地内に車や人が侵入すると、自律飛行で対象に接近し、最適な方向からナンバープレートなどの画像を撮影。画像をセコムのコントロールセンターに送信し、不審車(者)の追跡・確保に役立てる。

「セコムドローン」では、オンライン・セキュリティシステムを利用の郊外の工場、倉庫などで、夜間の無人状態におけるセキュリティ強化に利用が可能になる。

今回、実証実験を実施する「巡回監視サービス」は、主に、人的な巡回警備を行っている比較的規模の大きな施設向けに提供するサービスだ。あらかじめ決めた時刻、もしくはお客様の警備室などに設置したドローン監視卓から「セコムドローン」を遠隔で発進させると、「セコムドローン」は事前に設定した経路(速度/高度/向き)で敷地内を自律飛行する。搭載されたカメラのライブ映像は、監視卓で確認することが可能だ。

「巡回監視サービス」により、人的な巡回では負担の大きかった屋上等の危険な個所の監視が容易になり、上空から監視映像を撮影するため、地上の固定監視カメラのみの場合と比べて死角が少ない、より高度なセキュリティを実現することが可能になる。人的な巡回の一部をドローンが担うことで、巡回監視を行う常駐警備員の負担軽減も見込まれる。

今後、セコムは実証実験を重ねていきながら「巡回監視サービス」の正式導入を目指す。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する