がん早期発見血液検査開発のグレイルに電通ベンチャーズが出資

がんの早期発見に向けた血液検査手法の開発に取り組んでいるグレイルに、電通ベンチャーズが出資。日本におけるパートナーシップ戦略をサポートしていく。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

電通が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」が、がんの早期発見に向けた血液検査手法を開発する米グレイル社出資した

グレイルは、がんの早期発見をミッションとするライフサイエンスの企業。独自のシークエンシング(DNA配列情報の読み取り)技術、大規模な臨床実験および最先端のコンピューターサイエンスとデータサイエンスを活用し、がんを治療が可能な早期に発見する血液検査の手法の開発と検証に取り組んでいる。

グレイルは、2017年5月にシリーズBの資金調達ラウンドで9億ドルを調達しており、電通ベンチャーズは、シリーズB資金調達ラウンドに参加。今後、グレイルの日本におけるパートナーシップ戦略をサポートしていく予定だという。

電通ベンチャーズは、電通グループのクライアントやパートナー企業とのアライアンスを実現することで、グレイルの技術を日本国内において実用化できるよう後押ししていく方針だ。将来的には、がんの早期発見を目的とした検査の普及、受診率の向上にも貢献していく狙い。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する