米国で「Google for Jobs」がスタート、レストラン検索のように求人情報の検索が簡単に

米国時間6月20日に「Google for Jobs」がスタート。まずは米国限定としており、今後他の国にも展開していく予定。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

Googleが求人情報の整理も始めた。米国時間6月20日に「Google for Jobs」を正式にリリースした

「Google for Jobs」は、検索すると「◯◯市で簡単な仕事」や「◯◯でアパレル関係の仕事」といった条件に合った求人情報を探すことができ、勤務地や職種で検索結果を絞り込むことが可能だ。

「Google for Jobs」が検索するのは、LinkedIn、Monster、CareerBuilderといった有名なサイトの求人情報。サイト所有者が「Google for Jobs」向けに求人情報を掲載することもでき、その際は先述の求人検索サイトから重複する求人情報を自動的に除外してくれるという。

Googleが「Google for Jobs」を発表したのは、2017年5月の年次開発者会議「Google I/O」。これから先、お店を探すのと同じような感覚で、求人検索ができるようになっていく。まず、対象となっているのは、米国のみ。将来的には他の国でも提供する予定だという。

Google、求人検索機能「Google For Jobs」をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する