語学Q&Aアプリ「HiNative」の登録ユーザー数が100万人突破

世界110カ国にユーザーがいる語学Q&Aアプリ「HiNative」の登録ユーザー数が100万人を突破した。2017年末に250万人、2018年末に1,000万人のユーザー獲得を目指す。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社Lang-8が提供する語学のQ&Aアプリ「HiNative(ハイネイティブ)」の登録ユーザー数が100万人を突破した

HiNativeは、ネイティブスピーカーがお互いに母語を教え合う語学学習アプリ。ユーザーが英語に関する質問を投稿すると、英語ネイティブのユーザーが回答し、回答してもらったユーザーは日本語を教える。日英に限らず、数多くの言語でやりとりされており、スペイン語と韓国語など110の言語でコミュニケーションが行われている。

HiNativeは、2017年1月時点で39万人だった登録ユーザー数が、2017年2月に50万人、2017年6月26日に100万人突破と、今年に入ってユーザー数が急増。2017年末に250万人、2018年末に1,000万人、最終的には1億人の登録ユーザー数を目指すという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する