訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」がホテルチェーン向け中国語サービスの提供を開始

「Bebot」が英語に続いて中国語にも対応。まずはなんばオリエンタルホテルに導入。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社ビースポークは、2017年7月1日より訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」の中国語サービス提供を開始した。まず導入されたのは、なんばオリエンタルホテル。「Bebot」の中国語版の正式サービス提供となる。

「Bebot」は、365日いつでも訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムで多言語対応することができるチャットボット。カンデオホテルズ上野公園やホリデイ・イン大阪難波といった宿泊施設や、レンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」にてサービス提供を開始している。

2015年の段階で、訪日外国人に占める中国人の比率は25%を越えている。中国語で対応できるようにすることは、ホテル等のサービス業にとっては間違いなく必要なことだろう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する