この夏、スノーピークと新潟市が主催する「水辺のアウトドアラウンジ」が信濃川に登場

スノーピーク、新潟市が2017年7月1日から「信濃川やすらぎ堤」にて「水辺のアウトドアラウンジ」を開始した。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

日本の水辺には大きな可能性が残されている。2017年7月1日から、新潟で新たな水辺の取り組みがスタートした。

株式会社スノーピーク、新潟市が主催するのは、「アウトドア」と「健康」をテーマにした「水辺のアウトドアラウンジ」だ。水都新潟を象徴する「信濃川やすらぎ堤」にて、様々なアトラクションが用意される。

#ミズベリング #niigata #yasuragitei #水辺アウトドアラウンジやすらぎ堤 #MIZBERING

A post shared by 水辺アウトドアラウンジ「やすらぎ堤」 (@mizbe_outdoor_lounge) on

水辺に様々なお店が並び、アウトドアアクティビティなども用意される。注目なのは、建築家隈研吾氏がスノーピークとコラボして制作したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を個室として利用できるというもの。

水辺のアウトドアラウンジは、「ミズベリング・プロジェクト」の一環。ミズベリングは、市民や企業、行政が三位一体となって、水辺とまちが一体となった美しい景観と、新しい賑わいを生み出すムーブメントだ。

今回の新潟での活動の反響が大きければ、さらに各地で水辺を活用しようという動きが進むだろう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する