名刺管理アプリ「Wantedly People」がリリースから8ヶ月で100 万ユーザーを突破

リリースから8ヶ月で名刺管理アプリ「Wantedly People」のユーザー数が100 万を突破した。他名刺管理サービスからのデータ移行機能や、Android版の提供、海外版の提供、スキャンスナップとの連携、PC版のリリースなど、数多くのアップデートを行ってきたことが功を奏したと見られる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーが、2017年7月12日に、名刺管理 アプリ「Wantedly People」のユーザー数がリリースから8ヶ月で100万人を突破したことを発表した

ウォンテッドリーは、昨年2016年11月に名刺管理アプリ「Wantedly People」をリリース。同アプリの特徴は、最大で10枚の名刺を素早くデータ化し、人工知能と機械学習を用いて名刺のデータを解析することで、名刺を読み込むほどデータの認識率が上がっていく点だ。

他名刺管理サービスからのデータ移行機能や、Android版の提供、海外版の提供、スキャンスナップとの連携、PC版のリリースなど、数多くのアップデートを行ってきたことで、「Wantedly People」をリリースしてから8ヶ月でユーザー数100万人を突破した。

他のサービスからのデータ移行や、多様な利用環境に対応すること、海外での展開などがすばやい数字の達成につながったと考えられる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する