メルカリ、ブランド品特化アプリ「メルカリ メゾンズ」をリリース

写真撮影で商品の査定や、ユーザーの出品サポート、偽物補償も。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

メルカリが8月21日、ブランド品特化のアプリ「メルカリ メゾンズ」を公開した。

フリマアプリ「メルカリ」は、世界でのダウンロード数が7500万件を超え、書籍の売買に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」や近隣地域でのやり取りに特化した「メルカリ アッテ」といった姉妹アプリをリリースしてきた。

「メルカリ メゾンズ」は、出品前に、まず写真を撮影して商品の査定を行い、メルカリで売れやすい最適な価格を知ることができる。

出品にあたってのサポートも充実しており、写真撮影画面に下敷きガイドを表示し、売れやすい撮り方や画角をサポート。加えて、「デザイン」「色」「模様」など、売れやすくするために必要な情報を選択形式で入力サポートする。

「カウル」と同様に、「メルカリ メゾンズ」で出品すると、メルカリにも自動で同時出品される。万が一、届いた商品が偽ブランド品だった場合は補償を行うという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する