楽天が農業サービス「Ragri」を活用し、地域行政と農業支援施策の連携を図る

広島県神石高原町と連携して新規就農者育成支援や農業承継支援などの施策を推進する。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

楽天株式会社が、広島県神石高原町と地域経済および社会の発展を目的とする、農業に関する連携協定を締結した。楽天と神石高原町は、今回の協定に基づき、楽天の展開する農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)」 を活用し、新規就農者育成支援や農業承継支援などの施策を連携して推進する。

楽天は、今年の4月に、子会社である株式会社テレファームとともに「Ragri」を開始。現在、同サービスの一環として、新規就農希望者のスタートアップを支援するプロジェクト「Ragriリクルート」の提供や、後継者不在のまま引退を考える農家と新規就農者を引き合わせる承継支援プロジェクト「Ragriブリッジ」を展開している。

両者は以下の6項目において、今後連携を進めていく。

  • 新規就農者支援施策、インキュベーションファームの設置に関する事項
  • 農業承継支援施策、農家ブリッジプロジェクト実施に関する事項
  • 農作物加工事業における農業の6次化推進に関する事項
  • 農業者のIT活用支援に関する事項
  • 学校、児童施設と連携した食育に関する事項
  • その他、農業振興で町内の地域活性化に関する事項

楽天と神石高原町は担い手農家不足と農地活用の課題解決に共に取り組み、地域社会および地域経済の発展への貢献を目指す。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する