ウミーべ、『魚に触れる人』のためのハンドソープを開発。ユーザー体験重視で釣り業界を垂直に攻める

釣り人向けサービスを展開してきたウミーべが、新たにハンドソープ「フィッシュソープ」を開発した。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

釣りコミュニティサービス「ツリバカメラ」、日本最大級の釣り情報サイト「ツリホウ(釣報)」 を運営するウミーべ株式会社が、『魚に触れる人』のために作られたハンドソープ「フィッシュソープ」を発売した。

歴史ある業界は、エンドユーザーに目が向くよりも、業界の内側を向いて商品開発やマーケティングが行われる傾向がある。ウミーべはこれまで「釣り」という歴史ある業界において、「釣りを、やさしく。」をコーポレートビジョンに掲げ、エンドユーザーに向けて釣りに親しみやすくなるようサービスを展開してきた。

彼らがサービスを提供する中で発見した課題は、魚に触れたあとの「臭い」や「ぬめり」だった。これまでのウェブを通じたソリューションでは解決できない課題を解決するべく、ウミーべはプロダクトを開発。臭いやぬめりに対応したハンドソープをユーザーに届けることで、釣りをはじめ魚に触れることを楽しめるようにした。

インターネットでサービスを開発していた企業が、オフラインに進出したり、商品を開発したりするケースは増えてきた。データを集め、ユーザーを理解している企業が、ユーザーの体験をさらに改善していくために活動領域を広げているからだ。

「フィッシュソープ」は、取扱店舗か、Amazonで発売される。釣り好きな人以外にも、魚に触れる機会のある人はチェックしてみてはいかがだろうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する