ビジネス向けチャットツール「Slack」が日本語に対応、日本のポジションも募集中

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

ビジネス向けチャットツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesが、米国時間9月12日~13日に開催したSlackカンファレンス「Frontiers」で、日本語への対応を発表した。

UIをフランス語、ドイツ語、スペイン語に対応し、2017年中に日本語化にも対応する。言語の変更は、Slackの「Preferences」ページの「Language & Region」から設定できる。

管理者は、Slackbotや招待状など、チーム全体に表示される部分の言語を設定できる。そのほかは、チームメンバーが自分で好みの言語を設定できるようになっている。

Slackは東京だけで33万人のユーザーがいると発表している。世界では、5万のチームが課金を行っており、200万の課金ユーザーがいるという

Slackは、今後はUIだけでなく、ヘルプセンターやサポート、決済のローカライズも進めていく。Slackは日本のエンタープライズアカウントエグゼクティブや、カスタマーサクセスマネージャーを募集している。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する