SoftBankが「Slack」に約280億円を出資、日本企業の生産性を向上させる追風になるか

SoftBankがビジネスチャットツール「Slack」に出資。日本へのローカライズを発表している同サービスにとって、追風となりそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

ビジネス向けチャットツール「Slack」を運営するSlack Technologiesは、ソフトバンクグループがサウジアラビア政府などと立ち上げた「ビジョン・ファンド」などから2億5000万ドル(約280億円)の出資を受けたと発表した

今回の出資にはビジョン・ファンド以外にもベンチャーキャピタル大手のアクセル・パートナーズなど複数の投資家が含まれており、Slackは今回の出資で企業評価額は51億ドルになったという。

Slackは現在、英語以外にフランス語やドイツ語、スペイン語を追加するなど、世界展開に力を入れている。近日中に日本語への対応も始めると発表している。今回の出資により、日本でのSlack普及に追い風が吹きそうだ。

ビジネス向けチャットツール「Slack」が日本語に対応、日本のポジションも募集中

ソフトバンクは、急速に世界展開を進めるコワーキングスペース「WeWork」にも出資を行っている。今回のSlackへの出資も合わせて考えると、ワークスタイルにおけるソフトバンクの影響力は高まりそうだ。

ソフトバンクとWeWorkが合弁会社設立、日本のワークスタイル変革に取り組む

単なSlackは企業の生産性を高める可能性を秘めている。海外ではSlackに特化したコンサルティングサービスも登場しており、この先日本にもSlackを中心としたビジネスが生まれるかもしれない。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する