YouTube、ゲーム配信チャンネルにファンから支援してもらうための新機能「スポンサー」を追加

YouTube Gamingに、チャンネルオーナーがファンから収益を得られる「スポンサーシップ」が追加された。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

YouTubeは9月19日に、ゲーム実況を含むゲーム関連動画総合サービス「YouTube Gaming」に「スポンサーシップ」を追加したと発表した。

人気ゲームチャンネルのオーナーはファンの視聴者からのスポンサー料を徴収でき、チャンネルのファンは月額490円でオーナーを支援できる。ファンは支援の特典として特別バッジやメンバー限定チャット参加権利を得られる。

スポンサーシップ対応チャンネルには「スポンサー」ボタンが追加され、これをクリックするとスポンサーになるボタンが表示される。

スポンサー機能を追加できるチャンネルは以下の条件を満たす必要がある。

  • YouTube Gamingチャンネルであること
  • ライブストリーミングが可能であること
  • 広告による収益があること
  • 1000人以上の登録者がいること
  • 18歳以上であること
  • YouTube Gamingサポート地域にいること
  • YouTubeの利用規約に準拠していること

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

記事にコメントする

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する