cotree、同志社大学と共同して介護ストレスへのオンライン認知行動療法プログラムを試験的に提供開始

介護に携わる家族は自身の心身を健康に保つための適切な手段にアクセスすることが難しいという課題を抱えているため、cotreeと同志社大学は共同してこの課題の解決に取り組む。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

オンラインカウンセリングサービスを提供する株式会社cotreeが、2017年11月1日、同志社大学心理学部・同志社大学実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センターの武藤崇教授との共同プロジェクトとして、オンラインカウンセリングプログラムを試験的に提供開始すると発表した。同プログラムは、介護ストレスに対するACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー:新世代の認知行動療法)をベースにしている。

介護人材や施設の不足により、家族による在宅介護の必要性はさらに高まっていくことが想定される一方で、介護する人にとって介護がストレス要因となることがわかってきている。平成28年度の国民生活基礎調査によれば、同居の家族を介護する介護者のうち、悩みやストレスがあると回答したのは68.9%、そのうち悩みやストレスの原因として挙げられるのは「家族の病気や介護」が女性で76.8%、男性で73.6%と非常に高く、最も大きな割合を占めたという。

家族が介護に取り組まなければならない状況にあり、介護がストレスになっているにもかかわらず、時間的・地理的な制約から、介護に携わる家族は自身の心身を健康に保つための適切な手段にアクセスすることが難しいという課題を抱えている。今回、cotreeと同志社大学は共同してこの課題の解決に取り組む。

今回のプログラムは、同志社大学心理臨床センター内で実施する科学研究費助成事業の一環であり、人数には制限があるものの、完全に無償での提供となるそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する