車の「シェア」を後押し。IDOMが個人間カーシェア「Anyca」と駐車場予約サービス「akippa」と連携

駐車場を「所有」するだけではなく「シェア」を通した新たな利用の提案を行う。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

中古車買取販売のガリバーを運営する株式会社IDOMが、11月10日(金)より個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」と、駐車場予約サービス「akippa(あきっぱ)」と、事業連携を開始した

今回の連携では、ガリバーを中心としたIDOMの店舗でクルマを売買されるユーザーに、Anyca・akippaを通じてクルマ、駐車場を「所有」するだけではなく「シェア」を通した新たな利用の提案を行う。提案は、静岡エリアより順次開始する。

中古車買取販売のビジネスを展開しているガリバーが、顧客に対して「シェア」を促すための取り組みを始めるというのはなかなかできることではない。同社は、今回の連携を通じて「クルマのシェア」にまつわるサービスの拡大を後押しする狙いだ。

IDOMは、「所有」から「サービスへの利用」へと変化し、利用者がクルマの使い方を選ぶ時代を迎えるにあたり、全国にある約500店舗を窓口として顧客にとってクルマにまつわる様々なサービスの導入ハードルを下げる取り組みを広げていくという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する