実名制Q&Aサービス「Quora」が日本語版を正式にスタート

質の高いQ&Aコミュニティが醸成されることに期待。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

実名制Q&Aサイトを運営するQuoraが11月14日に日本語版のサービスの提供を正式に始めた。

Quoraは2009年に北米で創業した。創業から8年ほどで、評価額10億ドル以上の「ユニコーン企業」の仲間入りを果たしている。今では、月間ユニークビジター数が2億人を超えているそうだ。

著名人たちが実名で回答していたりするので、回答の説得力が強い印象がある。筆者も海外サービスの疑問等を調べる際にお世話になったりした。

英語のQ&Aサービスとして始まったQuoraは、2016年からは多言語化を開始。現在はドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語でもサービスを提供していて、この度日本語にも対応。現在は、アクティブな日本語ユーザーが集まってきている。

Quoraは、氏名、メールアドレスを登録するか、Facebook、Googleアカウントと連携することでユーザー登録を行い、トピックやユーザーをフォローすることで色々なQ&Aを追っていく。スマートフォンアプリからも利用でき、質問の投稿や回答が可能だ。

Q&Aサービスは日本にも存在するが、実名制のものは少ない。また、Q&Aはどのような質問が投稿されるかに、コミュニティの文化が影響する。Quoraに質の高い質問や回答が集まれば、自然と差別化は図られそうだ。

筆者のQuoraアカウントはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する