SmartHR、事業へ貢献する従業員に高価値のインセンティブを付与できる信託活用型ストックオプションを発行

信託活用型は、発行時点の権利行使価格の新株予約権を将来にわたって配布することが可能なスキーム。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社SmartHRが、従業員に対して、企業価値向上の貢献度に応じてより高いインセンティブを付与できる、時価発行新株予約権信託®を活用したストックオプションの発行を決定した

従来のストックオプションは対象者と株式数をあらかじめ確定し、その都度発行しなければならない方式だった。信託活用型では、発行時点の権利行使価格の新株予約権を将来にわたって配布することが可能なスキームとなっている。

スタートアップでは従業員へのインセンティブとして、ストックオプションを用いるのが一般的だ。だが、従来のストックオプションは、事業が成長すればするほど新規発行するストックオプションの行使価格が高くなってしまい、従業員にとっての価値が相対的に低くなっていってしまうという課題があった。

今回の信託活用型ストックオプションは、信託時点の株価をベースにした比較的安価な行使価格の新株予約権を、将来にわたって配布できる。それにより、従業員は付与された時期に関わらず、行使時には高いキャピタルゲイン(売買差益)を得ることができるという。

将来採用される従業員にも、事業貢献に応じて初期に入社した従業員と同価値の新株予約権を付与することが可能になる。入社時期や上場時期に関わらず、実際に果たした貢献に報いることができるという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する