北米のモノづくりスペース「TechShop」が破産、東京のスペースは継続

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
Some rights reserved by Beatrice Murch

米国時間11月15日、米国のTechShop,Inc.が、同社の米国内全店舗を閉鎖することと、米国連邦倒産法第7章の破産手続の申立を行うことを発表した。

「Techshop」は、「メイカームーブメント」の火付け役として知られる、世界各地に展開する会員制DIY工房。設置された工作機械を自由に使って、ものづくりをするだけではなく、様々なコミュニティやイベント、ワークショップに参加することで、ものづくりを学べる場所として知られる。

2016年4月1日には、アジア初となる店舗「Techshop Tokyo」が、六本木のアークヒルズにオープンしていた。同店舗を運営するテックショップジャパン株式会社は、富士通株式会社が株式の85%、株式会社TBWA HAKUHODOが株式の15%を保有する合弁会社で、米国TechShopとの資本関係は無い。そのため、米国TechShopの破産手続によって財務的な影響は受けないという

テックショップジャパンが運営する「TechShop Tokyo」は通常どおり営業し、同店舗の会員は、引き続き「TechShop Tokyo」の施設・設備を利用できる。

世界中に広がった「メイカームーブメント」の火付け役だった「TechShop」が破産したことに衝撃を受ける人も多い。だが、モノづくりとの距離が縮まることの可能性を信じたいという気持ちは変わらない。

「TechShop Tokyo」には、「TechShop」の思想を引き継いでいってもらいたい。

※筆者が以前担当した「TechShop Tokyo」のインタビューを参考にどうぞ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する