ZOZO TOWNやユニクロも利用する「LINE Beacon」とは? 使い方や活用事例を解説

コミュニケーションツールとして支持されている「LINE」が、新たに「LINE Beacon」という機能を搭載した。beacon設置店舗に近づくと、位置情報を利用してクーポンや商品情報がLINE経由で自動的に通知されるという機能だ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

コミュニケーションツールとして支持されている「LINE」は、今や連絡するためのツールだけでなく漫画や音楽、ゲームなども楽しめるようになった。

そのLINEが、新たに「LINE Beacon」という機能を搭載した。beacon設置店舗に近づくと、位置情報を利用してクーポンや商品情報がLINE経由で自動的に通知されるという機能だ。

LINE Beaconとは


beaconとは、近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」を利用した位置特定技術である。受信端末が無線圏内に入るとbeaconがそれを感知し、受信端末にむけてプッシュ通知を送信することができる。

LINE Beaconでは、店舗にあるbeaconからデータを自動的に受信して、店舗に近づくとクーポンや商品情報がLINE経由で通知されるという。

LINE Beaconの使い方/設定方法

LINEより引用

LINE Beaconの使い方は簡単だ。

まず、LINEを起動し、LINEの設定画面を開く。

次に、項目の中から「プライバシー設定」を選択する。

開かれた画面内に、「LINE Beaconを利用」という項目があるのでそちらをオンにし、「同意して利用開始」を押すとLINEの設定が完了する。

あとは所持しているスマートフォン端末のBluetoothをオンにすることで、店舗に近づくと自動的にbeaconから情報を受信することができるようになる。

LINE Beaconでできること

LINE Beaconでは、位置情報を利用して自分の近くにあるbeacon設置店舗から

  • お店の情報を受け取る
  • クーポンを受け取る
  • ポイントを貯める

ことができる。

LINE Beaconの活用事例

LINE Beaconは導入した企業によって活用方法が異なる。実際に導入した企業では、どのようにLINE Beaconが活用されているのだろうか。

①ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、LINE Beaconを活用し、限定動画が見られるメッセージを配信した。

この取り組みは、渋谷のハチ公前広場に掲出されているソフトバンクの屋外広告で、期間限定のトライアルとして行われた。渋谷のハチ公前広場にあるソフトバンクの屋外広告に近づくと、LINEを経由して受信した人のみが見られる限定動画が配信された。

②スタートトゥデイ

ZOZOTOWNやWearを運営する株式会社スタートトゥデイは、独自に開発した「ボタン型ビーコン」とLINE Beaconを連携した

アパレル店舗に訪れたLINEユーザーが、商品についているボタン型ビーコンを押すと、LINEアカウントを経由して商品情報や店舗情報がスマートフォンに配信される。

③トーハン

出版物の取次販売・物流を扱う株式会社トーハンは2017年7月21日〜2018年1月31日の期間中、全国の書店600店舗を対象にビーコンの仕組みを活用した「LINEマンガ×書店 試し読みキャンペーン」を実施している。

書店に来店したLINEユーザーに対して、漫画の試し読み配信を行う。ユーザーは人気漫画の試し読みができるほか、無料スタンプをダウンロードしたり、作者の直筆入りサイングッズの抽選に応募することもできる。

④ユニクロ

アパレルブランド「ユニクロ」は、一部店舗でLINE Beaconを導入している。

beacon設置店舗に近づいた際、LINEにクーポンプレゼント情報やチラシ等を配信することで、ユニクロのLINE公式アカウントへの友達登録が促される仕組みだ。

⑤トリンプ・インターナショナル・ジャパン

下着製造販売会社であるトリンプ・インターナショナル・ジャパンも、2017年8月22日(火)より直営店である「AMO’S STYLE by Triumph」にLINE Beaconを導入し始めた。

数十メートル以内に近づくと、公式アカウントからLINEにお得なクーポンやイベント情報などが届くようになっている。

⑥キリンビバレッジバリューベンダー

キリンビバレッジバリューベンダー株式会社は、自動販売機にbeaconを搭載し、LINEおよびその関連機能と連携して様々なサービスを提供している。その取り組みの第一弾として、フレーム付自撮り写真提供機能「VENDORPHOTO(ベンダーフォト)」を搭載したデジタルサイネージ自動販売機の設置を行った。

また、第二弾としてポイントが付与される「Tappiness(タピネス)」を展開。「LINE」と自動販売機がビーコン経由でつながり、購入ごとにドリンクポイントが付与され、15ポイント貯まると自動販売機でドリンク1本を無料で交換可能できるというサービスだ。

O2O(Online to Offline)という、オンライン及びオフラインと異なるチャネルを連動させる施策が可能となる「LINE Beacon」。

これによって、オンラインでの行動履歴を利用し、店舗で商品の案内をしたり、店舗での位置情報を活用して、よく見ていた商品の情報をプッシュ通知できるようになる。「LINE Beacon」は、そんな顧客との新しいコミュニケーションを誕生させたのだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
yukisakamoto

本業はウェブ広告商材、サイト改善系商材、ウェブ接客ツールなど、オウンドメディアを強化する商材の新規営業。ライターとしては、WEBサイトで観光・グルメ、防災、テクノロジー系の記事を執筆している。過去執筆媒体:『IDENTITY名古屋』『SAIBO TECH』『Lab-On』『Bitcamp』

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する