inVision、デザイナー向けプロダクト開発者に向け5.6億円のファンド『Design Forward Fund』を設立。デザイナーがより良く働ける環境を目指して

inVisionは、デザイナー向けプロダクトを開発するスタートアップに向けて投資する、5.6億円規模のファンド『Design Forward Fund』を設立。資金面に加え、同社が抱える世界350万人以上のユーザーコミュニティとの接点作りや市場参入サポートなど、プロダクトの成功もサポートする。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

デザインビジネスマガジン『designing』より転載)

「inVision」や「inVision Studio」などデザイナー向けツールを開発するinVisionは、デザイナー向けプロダクトを開発するスタートアップに向けて投資する、ファンド『Design Forward Fund』を設立した。

本ファンドの設立について、サイト内では以下のように語られている。

今日のデザイナーは、組織内でこれまで以上に重要な役割を担っています。しかし、彼らは取り組む課題と同等に、ハイレベルなツールやテクノロジーがまだたりていない。私たちは、このギャップを埋めるツールを生み出す起業家を探し、次世代のデザインにおける力になろうとしています。(抄訳)

Design Forward Fundの対象となるのは、「デザイナー向けに大きな変化をもたらすツールや手段を作っている人々や企業」。提供されるのは資金だけで無く、同社が抱える世界350万人以上のユーザーコミュニティとの接点作りや市場参入サポートなど、プロダクトの成功もサポートする。

デザイン界隈で高い認知を得る同社ならではのインフラを活かしたサポートというわけだ。

国内でもGoodpatchによるプロトタイピングツールの「prott」や、STUDIO, Incのデザインツール「studio」などいくつかのデザインツールは登場しているが、まだまだ国内外で幅広い認知とまではいっていない。

より良いツールが広まることでデザイン業務が効率化され、単純なデザイン作業以外にリソースを割けるようになるほか、よいコラボレーションツールはクライアントのデザインリテラシー向上にも繋がるだろう。

事実、TechCrunchの記事によるとinVisionのユーザーの7割は非デザイナーだという。

最近元気なinVisionだが、Design Forward Fundがどのような影響をもたらすのか。国内外の動向が今後も気になるところだ。

via Design Forward Fund

デザインビジネスマガジン『designing』より転載)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
小山 和之
小山 和之

編集者・ライター。1989年生まれ。建築の意匠設計を経て、Webコンサル会社にて企業のWeb戦略ディレクション、オウンドメディアの企画・立ち上げ・編集等に従事。傍ら個人でもフリーの編集者・ライターとして活動した後、現在に至る。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。