リクルート、フリーランスとアウトソーシングしたい企業・個人とのマッチングに向けた実証実験を開始

株式会社リクルートホールディングスは、株式会社エイチワークスと、本日に業務提携契約を締結し、フリーランスとアウトソーシングしたい企業・個人とのマッチングの実現に向けて実証実験を開始。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone

株式会社リクルートホールディングスは、株式会社エイチワークスと業務提携契約を締結。フリーランスとアウトソーシングしたい企業・個人とのマッチングの実現に向けて実証実験を開始した

エイチワークスは、株式会社エイチの関連会社。エイチが展開する全国のコワーキングや貸し会議室等の空きスペースを時間単位で予約できるサービスの知見を活用し、フリーランスの情報を集めてデータベースを構築し、アウトソーシングを行いたい企業や個人とのマッチングを可能にする情報サイトを立ち上げる。このサイトの実現に向けて、リクルートはエイチワークスとの業務提携契約の締結。同サイトの可能性の検証を行う。

リクルートとエイチは、リクルートが2017年1月より推進してきたスタートアップと協働した新規事業開発プログラム「MEET SPAAC」(ミートスパーク、以下SPAAC)の活動の一環。SPAACは、リクルートの下で運営されている、スタートアップ企業や研究者・イノベーターの活動を無償で支援する会員制コミュニティスペース「TECH LAB PAAK」が、自社内の新規事業開発プログラム「Recruit Ventures」の仕組みを活用して進められてきた。

SPAACでは、リクルートグループの社員とスタートアップと混成チームを編成し、エントリーと一次審査を経て、エイチとの混成チームの提案が最終審査を通過し、今回の実証実験に至った。エイチワークスは、アウトソーシングを希望する企業・個人と、該当業務を遂行可能なフリーランス人材の情報を一元化したデータベースの構築と運営に取組み、リクルートは今後の半年間にわたり、本データベースの開発、サービスに関わる営業活動の支援等を行う。

リクルートは、リクルートワークス研究所の機関誌Worksにて、「フリーランスがいる組織図の描き方」といったテーマの発信も行っている。フリーランスという働き方に、企業としてどう向き合っていくのかが重要になっていきそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookBuffer this pageEmail this to someone
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

inquire Inc. CEO。『greenz.jp』編集部にて編集、執筆、コミュニティマネジメントを担当し、副編集長を経て独立。フリーの編集者として『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』等メディアブランドの立ち上げに携わる。2015年にinquire Incを創業、企業や団体のメディアブランド構築、コンテンツ戦略の立案、インナーコミュニケーションの支援、情報発信の内製化支援等を行う。NPO法人soar副代表、NPO法人マチノコト理事、sentenceオーガナイザー。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。