Slack上でTrelloへのタスク追加が可能に。SlackとTrelloを連携するメリットを解説

タスク管理ツール「Trello」はチャットツール「Slack」と連携することができる。これら2つのツールを連携すると、タスクを追加する際にTrelloを開く必要がなくなる。なぜなら、Slack上でタスク管理をすることができるようになるからだ。

過去に「タスク管理ツール「Trello」でガントチャートを使いこなすために知っておきたい3つのポイント」で紹介した「Trello」だが、コミュニケーションツールとして有名な「Slack」と連携できることを、読者の方々はご存知だろうか。

SlackとTrelloを連携すると、Slack上でタスク管理を行えるようになる。タスクを追加するたびにTrelloを開く必要がなくなるため、とても便利な機能だ。本稿では、SlackとTrelloの連携方法から、実際のタスク管理の方法までを紹介する。

SlackとTrelloを連携させるメリット

SlackとTrelloは、無料で連携できる。これら2つのツールを連携することで、どのようなメリットが得られるのだろうか。

新しいタスクの追加時にSlackへ通知

SlackとTrelloを連携すると、Trello上で新しくタスクを追加した際にSlackへ通知が飛ぶように設定できる。


まず、連携したTrelloのボード上に新しいタスクを追加する。


追加すると、Slack上に新しく追加されたタスクが通知される。


なお、通知は新しいタスクを追加した時のみでなく、期限やコメント、担当者を追加したときや、タスクを更新した際にも通知できるようにカスタマイズが可能だ。新しいタスクを「誰」が「いつまで」に行う予定になったのかがSlack上で共有されるため、タスクの進捗管理がしやすくなるだろう。

Slack上からもカードを作れる


これまでTrelloにタスクを追加・更新するためには、Trello上で作業する必要があった。

しかし、連携することでSlack上でTrelloへのタスク追加を行えるようになる。Slack上で新しくタスクを振られた際に、わざわざTrelloを開き、タスクを追加する必要がなくなるのだ。

SlackとTrelloの連携方法

それでは、SlackとTrelloの連携方法について紹介する。連携するにあたって、

  • Trello側での設定
  • Slack側での設定

が必要となる。設定に関しては、特別な知識を必要としないため、簡単に連携できる。

①Trello側での設定


まず、Trello側での設定だ。


連携したいチームのボードを開き、設定をクリックする。次に、「Slackチームとのリンク」という項目の右側にある「Add to Slack」をクリックする。


連携するにあたって、「Slackのチャンネルへのアクセス権限」や「コマンドの追加許可」など、いくつか確認事項が表示される。


それらを確認し、問題がなければ「Authorize(権限を与える)」をクリックする。


連携が完了すると、連携したチームのSlackにTrelloアカウントからメッセージが送られてくる。以上で、Trello側での設定は完了だ。

②Slack側での設定


続いて、Slack側での設定方法を紹介する。


まず、検索エンジンで「https://チームID.slack.com/apps」で検索をかける。すると、SlackのApp Directoryが表示される。


App Directory内で「Trello Alerts」を検索し、「Install」を押す。


Trello Alertsに関する説明項目が表示されるので、問題がなければ「Authenticate your Trello account(Trelloアカウントを認証する)」をクリックする。


Trello側の画面に遷移し、連携に関する許可画面が表示されるので「Allow(許可)」をクリックする。


続いて、設定画面から「Post to Channel」の右側にある入力スペースに、通知をしたいチャンネル名を入力し、「Add Trello Integration」でチャンネルとの連携を許可する。


すると、「Card Created」や「Card Moved」といった、Trello上でどういった作業を行った時にSlack側に通知するかを選択する画面が表示されるので、通知したい項目にチェックマークをつける。チェックマークをつけ終えたら、「Save Integration」をクリックする。


続いて、連携したいSlackのチャンネル上で、「/trello link ○○(TrelloボードのURL)」を送信する。

以上で、SlackとTrelloでの連携は完了だ。

SlackからTrelloのカードを追加する方法


それでは、SlackからTrelloのカードを追加する方法を紹介する。


SlackからTrelloへのタスク追加は、簡単だ。Trelloと連携しているSlackのチャンネルの入力コマンドに「/trello add 〇〇(タスク名)」を入力し、送信するだけだ。


すると、自動的にTrelloにタスクが追加される。


なお、タスクを追加した後もSlack上では

  • Join(タスク担当者として自分を追加)
  • Subscribe(フォローする)
  • move(タスクを移動させる)
  • Due Date(期限の設定)
  • Labels(ラベルの設定)
  • Attach Conversation(TrelloとSlackのメッセージを紐づける)

といった項目の入力もできる。

TrelloとSlackを連携することで、チーム内でのタスク管理が簡単になり、業務の効率化につながるだろう。これら2つのツールを利用しているチームには、ぜひとも連携をおすすめしたい。

yukisakamoto

本業はウェブ広告商材、サイト改善系商材、ウェブ接客ツールなど、オウンドメディアを強化する商材の新規営業。ライターとしては、WEBサイトで観光・グルメ、防災、テクノロジー系の記事を執筆している。過去執筆媒体:『IDENTITY名古屋』『SAIBO TECH』『Lab-On』『Bitcamp』

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。