「個」が活躍しやすい社会を目指して。約1分で個人サイトをつくれるサービス「MOSH」が登場

スマートフォンのみで簡単に個人サイトを作成し、予約ページも作れる。「個」をエンパワーメントする個人サイト作成サービス「MOSH」が登場。その使い方とは?

自分のHPを持ちたい。仕事のため、趣味のため、さまざまな理由からこのように思う人は多いだろう。しかし、実際に作るとなると、サイトのデザインを考えたり、コーディングをしたりと面倒なことや新しく学ぶことも多く、つい二の足を踏んでしまうことも多い。SNSのアカウントを作るように簡単に個人サイトを作れれば……そんなわがままな願いを叶えてくれる新サービスが登場した。

スマホで簡単に個人サイトが作成できる

サイト作成サイト「MOSH(モッシュ)」では、スマートフォンやPCで簡単に個人サイトを作成できる。また、FacebookやInstagramと連携させれば、面倒な情報入力をしなくても1分程度でサイトが作成できるというから驚きだ。

個人サイトの作り方

実際に1分でウェブサイトを作れるのか。筆者が実際に作ってみた。MOSHのページに移動し、「無料でページをつくる」ボタンを押す。

次に、FacebookやInstagramなど連携するアプリケーションがあれば、連携してログイン。なければ、メールアドレスとパスワードを設定。今回はFacebookと連携して作成した。

最後にウェブページのアドレスとなるIDを決めれば、おおまかなHPが完成する。

スマホ表示画面

PC表示画面

流れは非常に簡単だ。そして、一番気になる作成までの所要時間は……

1分15.79秒!

Facebookと連携すれば、たしかに、1分程度でHPを作成できることがわかった。

MOSHでは予約時間と場所、メニューを組み込んだ予約ページも簡単に作成できる。さらに予約状況をもとに予定をリスト化してくれるという。こうした機能はパーソナルトレーナーや個人向けの英語教師など、場所や相手を選ばず教室を開催する人々に、革命をもたらしそうだ。

「個」の時代をHPで盛り上げる

アーティストのライブに熱狂したファンが
自然と体を動かす”MOSH現象”のように
1人1人が好きなことに熱狂できる
社会を創りたい。

MOSHのウェブサイトにはこのようなメッセージが記載されている。「個」として活動しやすい時代において、個人HPは仕事の信頼性を増し、新たな仕事につなげるために必要だ。これまでも、SNSを通じて仕事や教室の宣伝を行い、フリーランスとして仕事を得てきた人は少なくないだろう。そんな中で、SNSと連携し、スマホで簡単に作れる手軽さと、洗練されたシンプルなデザインは多くの人の心をつかむに違いない。MOSHの今後の展開に期待だ。

林琴奈

1992年生まれ、京都大学院で地質学を専攻。在学中に結婚・妊娠・出産を経験。趣味は読書、Instagram、ラップバトル鑑賞。関心領域は、自然科学・テクノロジー・教育。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。