美容室にもサブスクリプションの波。通い放題の定額サービス「MEZON」が登場

厳選された美容室に通い放題の定額サービス「MEZON」がリリースされた。サービス内容は、カットやカラーなどのメインメニューでなく、シャンプー・ブロー、トリートメントやヘッドスパなどのサブメニューとなっている。サービスリリース時に提携している美容室は30サロンであるが、随時エリアを拡大する予定だという。

美容院とディズニーランドは似ていると思う。なぜなら両方ともわたしたちに「夢」の時間を与えてくれるからだ。

美容院に行った日の髪の毛のツヤには毎度驚かされる。パサパサだった髪の毛に天使の輪なんてできたときには、「あれ?意外と髪の毛のポテンシャルが高い?」とさえ思う。

しかし美容院へ行った数日後には見事に天使の輪は消え、「夢」から「現実」に引き戻される。美容院に行くのはたいてい2~3カ月に1回。そのうち髪の毛に天使の輪を宿す期間なんて長くても1週間程度だから、宿していない期間のほうが圧倒的に長いし、そっちのほうが「現実」である。

毎日天使の輪を宿せたならーーそんな「夢」のような話を「現実」にしてくれるサービスが登場した。

美容院のサブスクリプションサービス「MEZON」

そのサービスは、株式会社Jocyが提供する通い放題の定額サービス「MEZON」である。

サービスとして提供されるのは、カットやカラーなどのメインメニューではなく、シャンプー・ブローやトリートメント、ヘッドスパなどのサブメニューだ。プランによって受けられるサービスの種類や回数は変わってくるが、提携している美容室の通常金額の6~8割の値段でサービスを受けることができるという。

プランはヘアケアプラン3種類、シャンプー・ブロープラン2種類の計5種類となっている。ヘアケアプランのすべてのメニューにシャンプー・ブロー、ヘアアレンジ以外のメニューにはアイロンセットも含まれている。

シャンプー・ブロープランは、月に4回通えるプランと1ヵ月間通い放題の2種類のプランからなっている。このプランにもアイロンセットは含まれているので、WHITE PLANであれば月に4回、BLACK PLANであれば毎日でも美容院帰りの髪の毛でいられるのだ。

また、すべてのプランで、残ったカードは翌月に繰り越せるシステムになっているので、行けなくてカードが無駄になってしまうこともない。

MEZONは利用客や美容室に何をもたらすか

サービスが対象としているのは、30~40代の働く女性だ。事前登録を始める前は「独身女性が多いのでは」と予想していたが、事前登録では少し大きい子供がいる働く女性からの需要が多かったという。

忙しく、日頃から髪の毛のケアをすることができない彼女らに、美・自信・時間を提供して、より豊かな人生を手にして欲しいという、思いがサービスを始めるきっかけになったと、代表の鈴木みずほ氏は語る

また、鈴木氏は新規ユーザーには割引があるにも関わらず、継続利用をしているユーザーに対しては割引のようなサービスが存在しない状況にも疑問を感じていたという。そのため、MEZONは月額定額制でサービスを提供することで、一回の料金を抑え、定期的に上質なサービスを受けられるシステムを提供している。継続利用をするユーザーが得をするシステムになっている

美容室がサービスに加入することで、どのようなメリットがあるのだろうか。メリットは2つある。1つ目が新規顧客の獲得、2つ目が年間の固定客を獲得できる点だ。

カットやカラーなどのメインメニューをはじめて訪れる美容室やスタイリストに任せることが不安で、いつもの美容室に行ってしまう。しかしサブメニューであれば行ったことのない美容室でも任せられると考える人はいるのではないか。

新規顧客にサブメニューから利用してもらい、満足できればメインメニューも利用してもらう。MEZONと提携することで新規顧客を獲得するチャンスが増えるわけだ。

MEZONをはじめて知ったとき、美容師である叔母から聞かされた「美容室はコンビニより多いんだよ」という言葉を思い出した。このサービスは美容室を「コンビニエンス」な存在にするだろうか。サービスの今後から目を離せない。

アプリDLはこちら

片桐 遥

1996年生まれ。横浜市立大学にて社会学を専攻。趣味はテレビ鑑賞と音楽鑑賞、読書など。尊敬する人はアメトークやロンドンハーツのプロデューサーの加地倫三さんと作家の西加奈子さん。

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。