中川 明日香
中川 明日香

ライター。1994年生まれ。静岡大学で英米文学を専攻。学生時代に国際交流事業に携わるなかで、スロバキアに興味を持ち、長期留学を決意。現地の大学に通いながら、日本語講師のアルバイトで貯めたお金でヨーロッパ20カ国を周遊。その体験記を旅行メディア「Reisen」で執筆し始めたことをきっかけにWEBメディアの魅力を実感。帰国後「IDENTITY名古屋」でライターインターンを始め、現在に至る。

使わなくなったファッションアイテムを送るだけで「寄付」ができる。NPOを支援する新サービス「Brand Pledge」

2020年開催の東京オリンピック誘致のプレゼンテーションを発端に「おもてなし」という言葉をよく耳にするようになった。接客の丁寧さや、礼儀正しい挨拶に姿勢。他人に対しての思いやりに溢れた国だと広くアピールしていた日本だが、…

店員と話さずにスーツをオーダーメイド?「FABRIC TOKYO」が無人カウンター設置の新店舗を渋谷MODIにオープン

ふらっと入ったお店で「何かお探しですか?」と聞かれると、少しだけ身構えてしまう。ショッピングをするときに、お店のスタッフと会話するのが好きな人もいれば、苦手な人もいるだろう。もっと自由にショッピングを楽しめれば、と考えた…

途上国の起業家を支援するマイクロファイナンスNPO「Kiva」が、移民や難民のビジネス支援に乗り出す

夢を持つ人に対して、優しい世の中だなと思う。 私たちの周りには、インターネットを通じた投げ銭サービスやクラウドファンディングなど、一つの夢や目標に向かって頑張っているひとを気軽に応援する仕組みが存在している。お金を理由に…

ワンタッチで、ヘルシーな食事の出来上がり。スマートオーブン+食事宅配の月額制サービスが登場

仕事を終えて満員電車に揺られながら、自宅の最寄り駅まで向かう。玄関を開けて、手探りで部屋の電気をつけると、疲労と安心が入り混じったような小さいため息がでた。お腹は空いているが、料理を作る気力などない。 帰り道のコンビニで…

1 Shares

Amazonがガーデニング事業に参入?「庭の写真」からガーデニング用品やレシピをオススメする特許を取得

“丁寧な暮らし”が見直される昨今。家具は自分で好きなものをDIYし、食器や陶器も大量生産のものを選ばない。自分が口にする野菜や果物などを、一から自分の手で育てるガーデニングの趣味が選ばれる機会も増えてきたのではないだろう…

意見が正反対の人と議論を促す。チャットアプリMixmindは「社会の分断」にアプローチできるか

「あなたには意見がないの?」 長期留学でスロバキアに渡り、現地の大学で講義を受けているときに一人の生徒から言われた言葉だった。現代社会が抱える問題について、隣の人と議論をする。簡単なことのように思えたが、いざ議論が始まる…

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。