haruka mukai

1993年石川県生まれ。ソフトウェアの翻訳アルバイトを経てウェブメディアでライターとして活動。現在はライティング・翻訳と並行して、オンライン英会話の会社でオウンドメディアの運営を担当。関心事はテクノロジーと言語、ラジオとスタンドアップコメディ

政府に意思表明する手段は選挙とデモだけではない。変革を促すための“市民ロビー活動”とは?

現代の日本において、政府に対して不満を抱いたとき、私たちは適切に意思表明ができているといえるのだろうか。 選挙やデモなど意思表示の手段はあるが、積極的に参加している人は決して多くはない。国際比較調査グループISSPの調査…

勃興するFinTech領域においてUIデザイナーに今求められる役割とは−−「UI Crunch」第11回レポート

「仮想通貨」や「ビットコイン」といった言葉が、テレビのニュース番組からも聞こえてくるようになった。最近では、IT技術を駆使した金融サービスが次々と登場している。新たな金融サービス群は「FinTech」と呼ばれ、従来のお金…

1 Shares

人事に必要なテクノロジーとの向き合い方–ほぼ日とタレンティオが語った「HR Tech」の今とこれから

急激な労働人口の減少や雇用の流動化に伴い、人を雇うことは数年前に比べ格段に難しくなっている。有効求人倍率はすでにバブル期の水準を超えた。 雇用する側を取り巻く状況が厳しくなる一方で、期待を集めているのが「HR Tech」…

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、ビジネス、カルチャー、デザイン、テクノロジーの話題を発信するオンラインメディアです。

サイトを翻訳する