社会・公共

オリィ研究所、ALSなど難病当事者のコミュニケーションを支援する透明文字盤「OriHime eye」の無償モニターを募集

株式会社オリィ研究所は、デジタル透明文字盤「OriHime eye」の無償モニターを10名限定で募集開始した。 「OriHime eye」は、難病患者と周囲の人との意思伝達に使われている透明文字盤をデジタル化し、手足が動…

1 Shares

川崎市のブランディングムービー「COLORS」が公開、多様な人が混ざり合い支え合う街をイメージ

川崎市のブランディングムービー「COLORS」が公開された。映像制作はEXIT FILMが、音楽の作曲は[.que]が手がけている。 映像のイメージは、高齢者の5人に1人が認知症の社会となる2025年。ほんの少し未来の街…

二拠点教育にローカルとデジタルのハイブリッド教育−−各地の先進事例から子どもの学びの未来を探る!

社会が大きく変化しようとしている中で、次代を担う子どもたちはどのように育っていったらいいのでしょうか。 社会には新たな教育のあり方を模索し、実践を重ねている人たちが存在します。育まれつつある新たな教育の流れとはどのような…

40 Shares

ソーシャルベンチャーに投資と経営支援をする「SVP東京」が第13回の投資・協働先を募集開始

SVP東京が第13回の投資・協働先の募集を開始した。SVP東京は、パートナーが出資金として拠出した資金をもとに、革新的なモデルをもち、将来性の高いソーシャル・ベンチャーに年間100万円を限度にした資金を提供してきた。 資…

Airbnbと社会事業コーディネーターのRCFが観光促進を通じた地域の活性化を目指すパートナーシップを締結

Airbnbと一般社団法人RCFが、観光促進を通じた地域の活性化を目指すパートナーシップを締結した。この連携に基づいて、AirbnbとRCFは、国内外からの訪問客の観光を促進し、地域を活性化させるために協働していく。 R…

3 Shares

近所で通報のあった事件や出来事を通知してくれるスマホアプリ「Citizen」

ニューヨークでは、1日に1万件以上「911」への電話が行われているそうだ。周囲に数千人もの人々がいる状態で、生命にもかかわるような事件が起こることもある。 知らぬ間にトラブルに巻き込まれることのないよう、ニューヨークで「…

2 Shares

横浜市とNTTドコモが共同でチャットボットサービス「イーオのごみ分別案内」の実証実験を開始

株式会社NTTドコモと横浜市が共同で、チャットボットを利用した「イーオのごみ分別案内」の実証実験を2017年3月6日から開始した。 「イーオのごみ分別案内」は、横浜市のごみと資源の分別方法や粗大ごみの処理手数料等に関する…

10 Shares

Facebookが提供する自殺予防ツールがアップデート、Facebook LiveやMessenger、人工知能とも連携

Facebookは2016年6月に世界中で自殺防止ツールを発表した。 Facebook上で友人の心配な投稿を発見した際に投稿右上の「▽」をタップして「この投稿を報告」を選択すると、「投稿者を助けたい」を選ぶことができる。…

8 Shares

『UNLEASH(アンリーシュ)』は、社会のイシューとソリューションを織り交ぜながら発信するフューチャーリソースライブラリです。

サイトを翻訳する