「食べチョクPro」は食材にこだわりたい飲食店とオーガニックな農家をつなぐコンシェルジュ

僕は、今年に入って頻繁にファスティングに取り組んできた。毎月、3〜5日間食べない期間を続けたことでわかったのは、「食はエンタメ」だということだった。 せっかく食べるなら、こだわりをもった食事をしたい。そう思えるようになっ…

「編集長」はどのような仕事か?その哲学と情熱に迫るNetflixドキュメンタリー #UNLEASHネトフリ

最近になり、SNSや書店でよく見かけるようになった単語の一つに“編集者”がある。それはもちろん、私の仕事柄、というのもあるのかもしれないが、本をよく読み、携帯でWebメディアから情報を集めていた十代後半の記憶を掘り返して…

コンセプトは“共闘”ーースタートアップ特化型スペース「co-ba jinnan」はコワーキングの概念を刷新する

「コワーキング」という言葉が日本に輸入されて、数年が経過した。コワーキングスペースのパイオニアとなり、言葉を流通させた存在が「co-ba shibuya」だった。 こちらも輸入されたばかりのクラウドファンディングという新…

「フードトラック」が塗り替える東京の食と風景——mellowは都市の”公開空地”を開拓する

高層ビルが立ち並ぶ東京の街には、使われていない空きスペースが無数に存在する。 「公開空地」と呼ばれるその空間には、さまざまな活用方法が残されているはず。その空間の活用に乗り出したプレイヤーがいる。 ビルの空きスペースと個…

飲食店の無断キャンセルを業界からなくすために、食のスタートアップたちが立ち上がる

約束があり、時間を空けて席を準備し、料理を作って待っていた。けれど、待ち人は来ない。悲しさや怒りが入り混じった感情が生まれそうな瞬間だ。 個人なら感情が揺さぶられるだけですむけれど、それを仕事にしている飲食店はそれだけで…

「あなたは何のために怒っているのか?」——オランダのジャーナリスト集団がポップアップミュージアムで投げかける問い

今日もSNSでは誰かが怒っている。その怒りに誰かが反応し、また突発的な感情だけが拡散していく。 以前の私は、こうした怒りの表明こそが、社会の変化を促すと信じていた。1人の小さな声が大きな渦を生み、社会をよりよい方向に動か…