Facebookが求人情報機能を米国とカナダでリリース

Facebookがまた新しい機能をリリースした。企業が求人情報を掲載できる「Jobs」ページだ。ユーザーはFacebook上で求人を見つけて、直接応募したり、採用担当者と連絡を取ることができる。

Facebookをチェックしていたら「いいね」をしている企業の求人情報が流れてきて、Messengerでやりとりして応募する、といったことが可能になる。

日本ではFacebookをビジネスに利用するユーザーも多いが、英語圏全般が同じ傾向にあるわけではない。LinkedInなど先行するビジネスSNSも多い中、Facebookの新しい機能がどう受け入れられるのかは気になるところ。

北米とカナダ以外の展開は未定のようだが、アジア圏に進出してくるとしたら、WantedlyなどFacebookと連携してサービス提供してきたプレイヤーにとって、脅威となる可能性が高い。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。