経産省が日本の魅力を写真で伝える観光プラットフォーム「PHOTO METI」を公開、デザインはライゾマティクス

経済産業省が、新たに写真を中心に日本各地の観光情報を伝えるウェブサイト「PHOTO METI」をオープンしました。

サイトを開くと、各地の美しい風景が表示されると同時に、音楽が流れます。サイトのデザインはライゾマティクスが担当。

「PHOTO METI」は、豊かな自然や文化的価値の高い情景写真を「集め」、「公開する」ことで日本の素晴らしさを世界へと発信するために作成されています。

香川県 金刀比羅宮

掲載された写真は、クリエイティブ・コモンズに基づいて公開されており、ダウンロードも可能となっています。

愛媛県 亀老山から望む来島海峡大橋
三重県 鼓ヶ浦海岸

美しい写真だけではなく、観光情報のデータベース「観光予報プラットフォーム」と連携。写真に加えて、観光地の基礎情報、混雑情報や、外国人向けのサービス情報などを提供しています。

将来的には、ユーザーからの写真投稿機能も備えることで、参加型でサイトを作り、広めていくような新しい観光情報ツールを目指しているそうです。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。