近所で通報のあった事件や出来事を通知してくれるスマホアプリ「Citizen」

ニューヨークでは、1日に1万件以上「911」への電話が行われているそうだ。周囲に数千人もの人々がいる状態で、生命にもかかわるような事件が起こることもある。

知らぬ間にトラブルに巻き込まれることのないよう、ニューヨークで「Citizen」というスマートフォンアプリがリリースされた。同アプリを紹介した映像がこちらだ。



「Citizen」は周囲で起きていることを通知してくれる。ユーザーが安全な場所にいる場合は、事件の様子を映像で配信することも可能だ。

他のユーザーと起きている事件についてコミュニケーションをとることもでき、今自分が暮らしている都市で何が起きているかを把握できる。

都市の安全を構築していく上で、こうしたアプリケーションが役割を果たす可能性は十分にあるのではないだろうか。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。