ナビタイムとau、満員電車を回避可能なルートを提案する機能を提供

ナビゲーションアプリリ「auナビウォーク」「NAVITIME」にて「電車混雑回避ルート」機能が新たに追加。

KDDI株式会社と、株式会社ナビタイムジャパンは2017年3月16日(木)より、ナビゲーションアプリ「auナビウォーク」「NAVITIME」にて「電車混雑回避ルート」の提供を開始した

「電車混雑回避ルート」では、「乗換案内」や「トータルナビ」で首都圏のルート検索をすると、通常の検索結果に加えて、表示されている検索結果よりも空いているルートがある場合に、「混雑を避けたルート」が表示される。

「電車混雑回避ルート」の対象時間は、平日の終日で上り方面、下り方面ともに対応。曜日単位の混雑傾向も考慮するという。終日対応しているため、朝の通勤ラッシュ時間帯だけでなく、帰宅時間帯のルート検索時でも利用できる。

ナビタイムジャパンは、ユーザーの快適な移動をサポートする取り組みとして、1駅ごとの混雑状況の地道な調査を行い、首都圏の約2,500万人が乗る電車を経路探索エンジンにより予測する技術「電車混雑シミュレーション」を独自開発している。

「電車混雑シミュレーション」技術

2016年4月19日より、「auナビウォーク」「NAVITIME」「乗換NAVITIME」にて、本技術をもとに生成した予測データを加工し、アプリ内にて「電車混雑予測」として提供。今回、回避可能なルートを提案する機能を提供するに至った。

今後は、さらに予測精度の向上や対象路線の拡大に努め、日本の電車の混雑緩和にも貢献していく方針だ。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。