Airbnbが体験型観光を後押しする新サービス「Trips」を日本で拡大することを発表

Airbnbが体験型観光のプラットフォーム「Trips」を日本で拡大することを発表。「ガイドブック」機能も国内初導入。

「Airbnb」共同創設者兼CPOのジョー・ゲビア(Joe Gebbia)氏

Airbnbが日本で新サービスの「Trips」を拡大することを発表。都内で行われた記者会見には「Airbnb」共同創設者兼CPOのジョー・ゲビア(Joe Gebbia)氏が登場した。

「Trips」は、Airbnbが手がけるホームシェアリングに続く新サービスで、現地での体験アクティビティを紹介したり、現地で出会う人やスポットを提案する。「Trips」はリリースと同時に、東京、デトロイト、ロンドン、パリ、ナイロビ、ハバナ、サンフランシスコ、ケープタウン、フィレンツェ、マイアミ、ソウル、ロサンゼルスの全12都市で提供開始。

先日の記者会見では、大阪でアクティビティを紹介するサービスの提供開始を発表している。合わせて、国内初の導入となる「ガイドブック」機能についても発表された。これは、エキスパートがおすすめする東京の情報を紹介する機能だ。

ユーザーはAirbnbで滞在するだけではなく、その土地の情報を知ることができ、アクティビティを体験することも可能になった。Airbnbは、2018年を目処にレンタカーやフライト予約といったサービスの提供も開始する予定だという。

ジョー・ゲビア(Joe Gebbia)氏とAirbnbホストたち

Airbnbは、社会事業コーディネーターのRCFと観光促進を通じた地域の活性化を目指すパートナーシップを締結している。Airbnbが体験型観光のプラットフォームとしても成長することで、地域の活性に寄与する可能性は高まる。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。