「Wantedly Feed」の利用有無で求人応募者数に平均2.5倍以上の差が発生

シゴト交流サイト「Wantedly」のブログ機能「Wantedly Feed」がリリースから1周年を迎えた。広報ツールとして日常の会社の様子や会社メンバーの紹介、会社のストーリーを投稿することができる同機能は、求人応募者数に影響を与えているようだ。

「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、「Wantedly Feed」の応募者数への効果を検証するため、直近3ヶ月で利用している企業と利用していない企業の平均応募数を比較。その結果、2.5倍以上の差が発生していることが判明したという

この結果を踏まえ、同社は「Wantedly Feed」をはじめとしたブログやオウンドメディアなど、企業が積極的に情報発信することの重要性を伝えるイベントを、採用担当者や広報担当者などを対象に2017年4月12日(水)に開催することを発表。

イベントには、サイボウズ株式会社、木村石鹸工業株式会社、コーチ・ユナイテッド株式会社、ウォンテッドリー株式会社が登壇。各社から採用につなげるオウンドメディアの立ち上げと運用方法についての共有が行われる。

【イベント概要】
・テーマ :採用につなげるオウンドメディアの立ち上げと運用方法
・日時  :2017年4月12日(水)19:30〜21:30
・登壇企業:サイボウズ株式会社様、木村石鹸工業株式会社様
      コーチ・ユナイテッド株式会社様、ウォンテッドリー株式会社
・場所  :ウォンテッドリー株式会社
・参加費 :無料
・定員  :50名
・申し込み:http://ptix.co/2o7lyMq

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。