IBSの「はたらく人のストレス対策」とクラウド労務ソフト「SmartHR」が連携

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズが提供する、ストレスチェック制度対応とコーピングによるメンタル対策ソリューション 「はたらく人のストレス対策」と、株式会社 KUFUが提供する社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」との連携が開始した

「はたらく人のストレス対策」は、厚生労働省推奨の「職業性ストレス調査票(57項目)」を使ったストレスチェックの他、自身のストレスの癖に気づき、メンタルを鍛えるための「コーピング」まで実施が可能なサービス。「SmartHR」は企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド労務ソフトだ。

今回の連携により、「SmartHR」を導入している企業が、「はたらく人のストレス対策」を利用している場合、「SmartHR」に登録されている従業員データをワンクリックで取り込み、ストレスチェック制度に遵守したストレスチェックを実施することが可能となる。

これにより、今まで人事・労務担当者に負荷がかかっていた、ストレスチェック制度のための従業員データ登録工数が大幅に削減される。連携初期段階では、SmartHRからの従業員データの取り込みにより、ストレスチェック制度対応の実施において利便性を図る。

将来的には、労働基準局への制度対応報告に係る手続きをSmartHRに集約化、ストレスチェック制度の法令範囲内で職場の労務データを可視化して職場改善につなげることができる機能の開発を予定しているという。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。