音楽アプリ「nana」が音楽で地域社会の発展に取り組む米NPO法人とパートナー提携

音楽コミュニティアプリnanaを運営する株式会社nana musicが、音楽を通じて世界を繋ぎ、地域社会の発展に取り組むアメリカのNPO法人「The Playing For Change Foundation」とパートナー提携した

「nana」は、カラオケ・合唱・バンドセッションといった音遊びを世界中の人と手軽に楽しむことができるアプリ。2012年11月にリリース後、現在のユーザー数は350万人を超え、累計楽曲再生数は12億回を超えている。

「The Playing For Change Foundation」は、”Creating positive change through music education”をコンセプトに、2007年カルフォルニア州に設立。現在、アフリカ、中南米、東南アジアなど世界中で14校の音楽学校を運営し、それぞれの地域に根ざした雇用を生み出しながら、各校をテクノロジーによって繋ぐことで異なる国や状況にいる仲間について学び、相互理解を促している。

今回のパートナー提携により、毎年世界50ヶ国以上で同時開催されている「The Playing For Change Foundation」が主催する最大のライブイベント「Playing For Change Day」のサポーターとしてnanaがコラボ企画を実施するほか、イベント等を共同開催し、双方のビジョンの実現を目指す。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。