Moff、ウェアラブルデバイスを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の実証実験を開始

株式会社Moffは、株式会社三菱総合研究所、株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団と、ウェアラブルIoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の実証実験に関し、基本合意した。三社の協業により、新サービス「モフトレ」の実証実験を4月3日に開始し、その結果をもとに製品化に向けた活動を推進していく。

「モフトレ」は、自立支援につながる運動を高齢者に楽しく続けてもらうための新しいプログラム。体に装着したMoff Bandから、運動やレクリエーション等による体の動きのデータをリアルタイムに取得し、その動きをタブレット端末上に表示。データを視覚化することで運動の効果を実感しながら、楽しく運動を続けられることを目指している。

「モフトレ」のプログラムには、以下の3つのトレーニングがあり、対応する合計約20種類のアプリを開発中だ。

  • 日常生活動作トレーニング:トイレの立ち上がりなど、日常生活に必要な動きの練習
  • ロコモ予防トレーニング:筋力をつけ、転びにくい体づくりを目指した手足の曲げ伸ばし運動
  • レクリエーション:ゲーミフィケーション要素を取りいれた楽しいレクリエーション

株式会社MoffがMoff Bandの提供とアプリ開発、早稲田エルダリーヘルス事業団が運動プログラムの作成、MRIが実証実験の全体管理を担当し、開発を進める。約2ヶ月間、複数の介護事業者等に協力してもらいながら、製品化に向けた改善意見を集めていく。

モリ ジュンヤ
モリ ジュンヤ

『UNLEASH』編集長

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』『マチノコト』などの立ち上げを経験。2015年にinquireを創業し、2016年に書く人が集まるコミュニティ「sentence」を立ち上げ、2017年に『UNLEASH』を創刊。メディアとコミュニティを通じて、小さな経済圏たちを活性化し、より良い社会をつくることが目標。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。